ブログ

「さまざまな症状に対応するカラー光線」(その1)

Z

こんにちは。

堀田医院院長の堀田忠弘です。

前回のコラムで、バッタチャリア博士が特定した9つのパワーストーンのお話を致しましたが、
これまでの私の治療経験から、この9つのパワーストーンに加わえて、個々の症状(病気)にダイレクトに対応する石を使うと、より効果的であることがわかってきました。

現在、私は体に現れる症状に対応する石に加えて、次章で解説する本質数や運命数に対応するパワーストーンなども用いて治療に当たっています。

体と心の状態と、魂の目指す方向を考慮して一人一人に会う石を選択し、振動とLED(発光ダイオード)を発生する装置を使って石に内在するパワーを取り出し、患者さんの写真に照射しているのです。

これまでに、宝石光線遠隔療法の説明をもとにパワーストーンが体と心に及ぼす影響をお話してきました。

そして、それぞれの光線がもつ特徴と自分の感性を合わせて選んだパワーストーンを身につければ、凝縮された宇宙光線はダイレクトに体に届きます。

宝石光線遠隔療法、ひいてはパワーストーンを用いて癒しを誰もが手軽に行えるということも大きな特徴です。

私が日々の臨床をとおして導きだしたさまざまな症状、不調に対応する光線の色を、今回と次回の2回に分けてコラムでご紹介します。

気になる症状の改善などに役立ててみてください。

 

9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

 

主だった症状・病気と不足する光線との対応

1.アトピー性皮膚炎 
(不足光線の色) ・・・・ 橙・青・紫
(原因) ・・・・ 添加物、間食の摂りすぎ、化学物質との接触、ストレス、腸内細菌叢のアンバランス

2.胃腸障害
(不足光線の色) ・・・・ 緑・青
(原因) ・・・・ 加熱食の摂りすぎ、そしゃく不足、ストレス、暴飲暴食

3.咽喉痛(のどの痛み)
(不足光線の色) ・・・・ 橙・青
(原因) ・・・・ 口呼吸、アレルゲンの吸引、ウイルスなどの感染

4.うつ病
(不足光線の色) ・・・・ 緑・青
(原因) ・・・・ ビタミン不足、ストレス、有害物質の蓄積、疲労の蓄積

5.カゼ
(不足光線の色) ・・・・ 赤・青
(原因) ・・・・ 冷え、ストレス、睡眠不足

6.花粉症
(不足光線の色) ・・・・ 橙・青
(原因) ・・・・ 花粉、排気ガスの吸引、添加物・間食の摂りすぎ、不飽和脂肪酸摂取のアンバランス

7.ガン
(不足光線の色) ・・・・ 赤外線・赤・緑・青・紫
(原因) ・・・・ ストレス、ガンウイルス、栄養素の不足、有害物質の蓄積、冷え、電磁波、感染、神経伝達簿ブロック

8.関節炎
(不足光線の色) ・・・・ 紫・紫外線
(原因) ・・・・ 冷え、ウイルス、ライム菌の感染、神経伝達のブロック

9.関節リウマチ
(不足光線の色) ・・・・ 黄・青・紫
(原因) ・・・・ 循環不全、栄養素(マグネシウム、カルシウム、セレン)の不足

10.肝硬変
(不足光線の色) ・・・・ 黄・青・紫
(原因) ・・・・ ウイルス感染、添加物,間食,アルコール,動物性脂肪の摂りすぎ

11.眼精疲労
(不足光線の色) ・・・・ 黄・紫
(原因) ・・・・ 目の酷使、電磁波

12.気管支炎
(不足光線の色) ・・・・ 橙・青
(原因) ・・・・ 過労、冷え

13.甲状腺の病気
(不足光線の色) ・・・・ 青・藍
(原因) ・・・・ 環境ホルモン、のどのエネルギー不足

14.高血圧
(不足光線の色) ・・・・ 赤・緑・青
(原因) ・・・・ ストレス、化学物質による代謝障害、血液の酸性化

15.呼吸困難
(不足光線の色) ・・・・ 赤・緑・青
(原因) ・・・・ 環境汚染、思っていることがいえない、神経伝達のブロック

16.骨折
(不足光線の色) ・・・・ 赤・黄
(原因) ・・・・ 運動不足、有害ミネラル(鉛、アルミニウム、カドニウム)の骨への沈着、血液の酸性化

17.骨粗鬆症
(不足光線の色) ・・・・ 赤・黄・紫外線
(原因) ・・・・ 運動不足、栄養素(カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンK、葉酸)の不足、有害ミネラル(鉛、アルミニウム、カドニウム)の骨への沈着、血液の酸性化

18.坐骨神経痛
(不足光線の色) ・・・・ 黄・青・紫
(原因) ・・・・ ビタミンB6不足、骨のゆがみ、循環不全、ウイルスの感染

19.歯周病
(不足光線の色) ・・・・ 青・紫
(原因) ・・・・ 糖質の摂りすぎ、食後のブラッシング不足

20.静脈瘤
(不足光線の色) ・・・・ 赤・黄
(原因) ・・・・ 運動不足、立ち仕事、座りっぱなし、加齢、筋肉疲労

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る