ブログ

人は体、心、魂を持ったエネルギー体である

無題

こんにちは。堀田医院院長の堀田忠弘です。

私たちにとって健康ほど大切なものはありませんが、普段の生活では

そのことをあまり意識しませんね。

体に感じる不快な症状は本来の姿ではなく不自然なことです。
それは不自然な生活習慣、思考、食の結果に他なりません。
不快な症状の原因を見つけ改善することこそ、どんな治療にも勝ります。

 

どうすれば健康で寿命まで快適に暮らせるか、そして潜在能力を目覚めさせ自分の特徴を存分に活かせるか。

人は、体、心、魂、真我からなる存在です。

体が健康であると同時に心が平穏で魂、真我と一体になっているとき、真の健康であると言えます。

 

私は、体に感じる不快な症状を、独自の方法で一人一人について固有の原因を見つけ

改善することを最優先して、京都にて40年間診療をに携わってきました。

その間、西洋医学の良いところは採用し、弱点は東洋医学、分子矯正栄養医学・酵素栄養学を中心とし

た食事療法、ドイツ振動医学、宝石光線遠隔療法、カラー療法、細胞環境デザイン学など様々な療法を

統合的に組み合わせて治療にあたり、自然治癒力を高めることも大切にしてきました。

 

「人は体、心、魂を持ったエネルギー体である」

 

この考えのもと、人間を統合的に把握し、治療するための研究に取り組んでまいりました。また人の意識

について研究するかたわら、人間的成長や人間の潜在能力に興味を抱き、これまで何度となくインド、

ネパール、チベットにでかけ修行してまいりました。

そしてインドで開発された宝石光線遠隔療法(テレセラピーとも呼ばれます)の研究を通じて、さまざま

な宝石・鉱物の効能を研究しております。

このテレセラピーは、天然の宝石、特にパワーストーンを使って遠隔的に調和のとれた身体へ

と回復させる療法のことです。

 

一人でも多くの方が真の健康を手にされるよう、私がこれまでに研究してきたことを少しづつ本コラムで

ご紹介していきたいと思っております。

どうぞ宜しくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る