ブログ

苦痛のないガン治療をめざす

ガン化は細胞が生き残るため手段

ガンは今や誰でも罹りうる病気の一つになっています。毎年約90万人もの人がガンになり、およそ35万人もの人がガンで亡くなっています。

生涯でガンに罹る確率は二人に一人とも言われています。

ほんの50年前には日本人の死亡原因ワースト10の中に、ガンという病名はありませんでした。何故それほどまでに増えているのでしょう。

ガンを苦痛なく治すためには、ガン細胞はどんなものか、何故できるのか理解しておく必要があります。

ガンのことを知る前に正常の細胞の生命活動を確認しておきましょう。

細胞は栄養素を受けとり小胞体で蛋白質を、ミトコンドリアで酸素を使ってエネルギーを作り、老廃物を排出することが生命活動の中心です。

ところが次に記すような幾つかの事情が重なるとどうなるでしょう。

  • 小胞体で蛋白質が十分な量作れなくなる。
  • ミトコンドリアでエネルギーの産生が低下する。
  • 血液、リンパ、組織間液の流れが悪くなって老廃物の排泄ができなくなる。
  • 有害ミネラル・化学物質から発生する活性酸素によって細胞が障害される。
  • 強いストレスによって生体の機能が低下する。

細胞は生きていけなくなり、過酷な状況でも生きられる細胞へ変わらなければならなくなりますね。それがガン化であり、ガン細胞の誕生なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る