ブログ

宇宙光線の過不足が病を引き起こす!?

déco noël 7

【宇宙光線の過不足が病を引き起こす!?】

こんにちは。堀田医院院長の堀田忠弘です。

12月も下旬に入り、2015年も残りわずかです。

忙しさに忙殺され、体の疲れや不調に面と向かう間もないまま日々が過ぎている方も多いでしょう。

私はときおり、患者さんに次のように話しかけることがあります。

「どんな症状であっても、苦痛に感じることは本来の状態ではなく不自然な状態ですね。あなたが気付かないうちに、あるいはわかっていたければどまあいいかと、不自然な事を続けてきた結果なんです。その原因の大半は、日常生活の中にありますよ」

私のクリニックには、ガン、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管障害、関節リウマチ、ぜんそく、不妊症、うつ、パニック障害など、さまざまな疾患を抱えた方々が来られます。

一見、どれも違う要因からなる病気のように見えますが、根底には共通する原因があります。

①有害物質(食品添加物、残留農薬、有害金属など)による汚染

②腸内細菌のバランスの乱れ ③必須栄養素の付属

④自立神経のアンバランス

⑤環境汚染(電磁波、住宅建材、生活用品など)

⑥不自然な生活習慣

⑦参加した油の過剰摂取

⑧冷え

上記8 つの原因となる生活習慣や心の状態を取り除くことが病の治癒につながる事はいうまでもありませんが、
その他に光線の過不足が病気を招く原因であることも言われております。

 

【宇宙光線】

地球に存在するあらゆる生物は、生命エネルギーとしての宇宙光線を取り入れて生命活動を営んでいます。

私たち人間ももちろん例外ではありません。

生命力の源ともいえる宇宙光線を体内に取り込み、命を育んでいるのです。

その光線のバランスが崩れて光の過不足が生じると細胞は十分な生命活動を維持することができなくなり、いわゆる病気とよばれる状態に陥ってしまいます。

逆にいえば、宇宙光線のバランスを回復させれば健康を取り戻すことができるというわけです。

そして、この不足してしまった体内の宇宙光線を補い、バランスを整えてくれるのが、パワーストーンなのです。

パワーストーンは、炭素などをはじめとしたいくつかの元素に宇宙光線と地球のマグマのエネルギーが降り注ぎ、数千万年から数億年という気の遠くなるような長い年月をかけて色鮮やかに結晶化したものです。パワーストーンには、すべての生命を育む生命エネルギーが凝縮されています。

このパワーストーンを用いて光線の過不足を調整し、病を癒して健康な身体へと導いていくのが、宝石光線遠隔療法なのです。

※宇宙光線の9種類

  1. 目に見える7つの可視光線(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)
  2. 紫外線
  3. 赤外線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る