カラー治療とは

松山市にある国際色彩診断治療研究会の会長である加島春来先生が開発されたもので、病的な状態を正常化するカラーを反応する部位に貼付して治療する方法です。貼付する部位は、パワーテスト(指を使った筋肉反射テスト)によって決めます。短時間に痛みを消失させたり、様々な病気を副作用なく改善させたりできるので、患者さんに大変喜ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る