遠隔療法(宝石、テラヘルツ)

宝石光線遠隔療法とテラヘルツ波による療法は、遠隔地でも治療が受けられる画期的な方法です。
宝石光線遠隔療法は、およそ100年前にインドの医師であり密教学者でもあるバッタチャリア博士によって開発されたもので、15年前より日本でも日本テレセラピー研究会を中心に行われています。宝石のパワーを振動とLEDの照射によって取り出し写真に照射すると、直ちに本人に届きます。

宝石光線遠隔療法の理論的根拠になっているのは量子物理学の理論です。同じ時空にある素粒子は、離れても相関し続けることが証明されており、この理論を応用して遠隔療法が行われています。現在300人以上の方が受診されており、精神的、肉体的バランスの崩れの改善に大いに役立っています。

テラヘルツ波による遠隔療法も量子物理学がベースになっており、直接患者さんに照射するのと同じ効果が遠隔的にも得られることが証明されています。パソコンに名前、生年月日、目的(腰痛治癒など)を入力すると、パソコンに内蔵された発信器からテラヘルツ波と量子波が発生して治療していきます。

診療日カレンダー

ページ上部へ戻る